ファッションのための断捨離

未分類

「あなたの趣味は?」と問われたのならば「プチプラ店巡り」と言いたいくらいに、私はプチプラと呼ばれるお店を見るのが大好きです。
値段も安いのにデザインも良かったりシンプルな定番商品もあったりでステキなモノが多いです。
私は若い頃、アパレル会社で働いていたこともあり、当時はファッションにかなりの金額を注いでいましたが、主婦となった今ではそんな訳にもいかず、少し寂しく思っていました。

そんな私に明るい希望と喜びを与えてくれたのがプチプラと呼ばれるタイプのお店の流行でした。
プチプラ店の店員さんは接客することも無いので、私は気兼ねなく店内を巡りセール品や広告の品の中からより低価格で良い品を探すことに没頭できます。私にとってプチプラ店は娯楽施設、アドベンチャーランド同様です。そして最終目的は戦利品を自分のクローゼットへと持ち帰ることです。

私のクローゼットの中には洋服がかけられるバーがあるので、お出かけの時に迷わないために何パターンかコーディネートした服をハンガーに掛けておいてあります。洋服を着る時にはトップス、ボトム、バック、靴とトータルで見た時にチグハグにならないようにしたいものです。季節やTPOに合わせワードローブの中からコーディネートを組むことは、私の密かな楽しみとなっていて、美しく並んだ洋服たちを見ているだけでもテンションが上がります。

こんなファッション大好きな私のクローゼットは、持ち帰った戦利品でいっぱいになっています。我が家のクローゼットはウォークインタイプなので比較的収納場所は多いとは思うのですが、家族共有ですし、無限に収納できるわけではありません。気に入って持ち帰った戦利品も手放していかなければあっという間に服があふれてしまいます。

洋服って気に入って着ていたのに全く着なくなるとかありませんか?
例えば最近流行りのシルエットはオーバーサイズだからジャストサイズのブルゾンは着なくなったとか。また服がたくさんあると、なぜだか着ていない服にある日気づいてビックリしたとか。
これらの着なくなった服の生地が傷んだり汚れたりしていなければ捨てるべきか悩みますよね?
では購入してからの年月で処分を決めれば良いのかしら?なんて思ってもコーディネートに取り入れやすいシンプルな定番商品は昔に購入したモノでも使い続ける場合もあります。
何年にも渡り服を買い続けているとワードローブをどう整理してよいのかわからなくなったりして、悩みは尽きません。
クローゼットと言う限られたスペースの中で楽しみを続けて行くためには、奇麗に整理整頓することはもちろん、定期的に断捨離することは必要不可欠です。
大量にプチプラ服を買い維持している私が考え実践している「クローゼットをきれいに保ちながら断捨離候補を見つけるシステムと処分方法」をご紹介したいと思います。

バーの左側エリアにはコーデした服のハンガーが掛けてあり、右側エリアにはコーデしていない服があります。
洗濯後の服は右エリアにしまうのですが、右エリアの中でも左側に置きます。それを繰り返していくと右エリアの右端には全く着ていない服が残ります。
また収納ケースのルールはカテゴリーごとに引き出しを分け、使う頻度の低いモノは奥に移動させて行きます。引き出しの奥は使う頻度の少ない服になります。

洋服には必ず「出番の多いモノ」と「出番の少ないモノ」そして「全く使っていないモノ」が存在することがわかってきます。ワンシーズン全く使わなかったら、生地も傷んでなくまだ着られるとしても必要ないと思います。とは言えさすがにすぐ捨ててしまう勇気はありません。そこで「一時保管箱」という箱を作ってワンシーズン使わなかったモノはそこに移動させます。この箱の中から取り出し使うこともあって、使った場合は元あった場所に戻します。1年間と期限を区切りこの箱の中の服はたとえ傷んでいなくても処分します。

綿素材の衣類はボロ布として掃除に使います。5cm四方ほどの大きさに切りキッチンの引き出しに入れておけばすぐに取り出せて便利です。カレーをこぼした時など布巾にシミが付くのは嫌ですよね。そんな時、使い捨てにできるボロ布は便利です。
難しいのは生地も傷んでいないしまだ使える衣類ですよね。私の住んでいる自治体では無料でリサイクル衣料品回収をしてくれる日が月に2回あるので、生地の傷んでいない衣類はリサイクル回収に出します。
自治体で回収された衣料品は外国に持っていかれて利用されたり中古として売られたりするとのことなので、私は「自治体が私の代わりにリサイクル業務を無料で請け負ってくれている」と考えます。
以前はリサイクルショップに持っていった時期もありましたが、今住んでいるところからはかなり遠いし、ネットのフリマアプリなどもありますが正直、写真を撮ったり発送したりと面倒です。
また人にあげるという方法をとる方もいらっしゃいますが、私は人から洋服をもらってもあまり嬉しくないです。と言うことで自分が嬉しくないことはしません。

私が今はまっているのは「気に入ったモノをどれだけ安く買うか」そして「安く購入した商品をコーディネートでどれだけオシャレに見せることができるか」なんです。洋服には流行もありますし、今の自分の気分や体系、年齢などで期待服のテイストも変わります。ただ「流行は繰り返す」と言うこともありますから捨ててしまった服を思い出し、また流行っているからあの時捨てなきゃよかったと思う事は、正直あります。でもそういう時はまた新しい服を買うチャンスができたと考えます。どれだけ安くステキな商品をゲットできるかチャレンジです。
プチプラ店は見ているだけで楽しいですし、そこで購入したプチプラ服は私の気持ちをあげてくれます。
衣料品の上手な断捨離は、私がプチプラファッションを楽しみ続けるための大切なシステムの1つです。