パートから正社員になれるはずだったのに・・・。

未分類

私は、高校卒業後、障害者能力開発校という職業技術を身につける学校に行っていました。
卒業の2か月前、私はある会社の面談をしました。
面接をしていただいた方に「始めは、パートとして採用さします。ちょっと経ってから正社員にするから、頑張ってくだいね」と言われました。
その言葉、今でも覚えています。

そして、4年の月日が経ってその頃の私はどうなっていると思いますでしょうか。
正社員になっていると皆さんは思いますよね。
ところが、この時点でも、まだ、パートとして働いていました。
また、勤めて2年経った時、会社が移転したのでそこに移動していましたが、始め務めていた場所より通勤時間が少し遠い場所でした。

それでも私は、正社員になれる事を夢見て勤めていました。
それが無残に切り避けたように、私の夢が崩れてしまう出来事があったのです。
それは勤務時間の短縮で、当時の私の勤務時間は一日6時間で、変更してほしいと言われた時間は4時間でした。
それも、午後からの勤務でした。
私は、とっても悔しかった事今でもはっきり覚えています。
だって、4年間務め、いきなりこんな話が来るのかと思わなかったからです。
それに、通勤時間が片道1時間30分かかり往復で3時間なので、勤務時間と合わせても、時間のロスが多いような気がしました。

その時、私は、「これは、肩たたきというものかなぁ。」と思ったのです。
障害者の雇用枠で入っているから、そういうことはあると聞いてはいたのですが、まさかと思っていました。
私は、なんだか腹が立ってしまいました。
すぐに辞める事はしないで空いている朝の時間を見つけてはハローワークに行き、就職活動をして新しい職場をさがしてから辞める方向で考えていました。

すぐに、新しい職場も見つかり、4年半務めた職場を辞め、新しい道に進むことにしたのです。
酷いですが「社会というのはこんなものなのか」とあの時そう感じました。
そうじゃないこともありますが・・・。
いずれにしても、気持ちを切り替える事も大事です。
もし、そんなことが有ったら、新たな道を進むことを考えてもいいと思います。